2020年01月

キャスト
アナトリー       ラミン・がリムルー
フローレンス    サマンサ・バークス
フレディ            ルーク・ウォルシュ
アービター        佐藤隆紀
エリアンナ       スヴェトラーナ
モロコフ           増原英也

演出はキチンと決められてないようで、2015年に 見たものとは違いました。
予めyoutubeで見たものとも違ってました。
しかし歌の素晴らしさは思った通り。
そして生は迫力があり、ANTHEMなど聞いたらゾクッとしました。

予習で聞いた時、これは宗教曲かと思い、その後これは欧米のどこかで聞いた国歌に似ていると思いました。
しかしそれは当たらずとも遠からず。
その意味に間違いはなかったのですが、実際の訳は少し違ってました。
もっと深かったのです。
ソ連から亡命する時の心情が分かります。

曲の中には知っているものがあります。
単独でCDになり、ヒットしているからなんですね。
ラミンとサマンサはレミゼ25周年記念公演でアンジョルラスとエポニーヌで出演していました。
その時から上手いと思っていたけど、もっと進化してました。
特にサマンサの歌は伸びがあり、変な癖は無く、いい声です。
予め見たyoutubeよりずっと良かったです。
日本人のお二人も素晴らしい歌でした。オペラ畑の方ですね。
この舞台はオペラともミュージカルとも言われてます。
 ロックやポップスの曲もありますが。

アンサンブルの方もとても良かったです。
ナイツテイルに出ていた中井智彦さんも出演されてました。
確かボーカルのリーダーでしたね。
あの人数であのボリューム、本当に素晴らしいメンバーだと思います

思いつくままの文章の羅列になりました。 

追記
2013年12月と2015年10月に観劇しています。 

昨年最後にお別れした方。

突然でした。
〇さんのご親戚と連絡を取りたいからと警察から私の方に言ってきました。
パソコンに従姉妹さんお電話番号があったので、お教えしました。

繁華街で倒れられ、すぐに手術をするということでした。
それから何の音さたもなかったのですが、ご近所の方から亡くなられたと知りました。
高齢でしたが、とってもお金持ちで一人暮らしでした。
最近も京都に1軒家を建て、大阪にもマンションを買われていたそうです。
お料理が上手で何度かいただきました。
突然元気だった方がいなくなるのは寂しいですね。


もう一人は昨日分かったのですが、32才の幼稚園児を持つお母さん。
難病でしたが、8月には自転車に乗って普通におしゃべりが出来ていたのにどんどん悪化し、食事を摂るのももたいへんになり、胃瘻になった方です。
お正月に起きて来られないので見に行ったら亡くなっていたと。

仕事柄年に何度かお別れがありますが、今回ばかりは驚きました。
特に若い方が亡くなると言うのは残念です。


さて、SHOCKのチケット2月分が届きました。
ビックリのいいお席でした。
なかなかセンターは当たらなかったのに。
楽しみです。




今年最初の少し大きな買い物はスピーカーです。
昨年新しいウオークマンを買いました。
パソコンにたくさんの音楽を入れていて、それをウオークマンに入れ保存しています。
それを家で聞こうと思うとスピーカーが必要で、同じソニーのグラスサウンドスピーカーを買いました。
1月14日までに買うと5000円のキャッシュバックがあるので、少し安くなります。
もう終わりましたね。
昨日は登録とキャッシュバックの申請、ウオークマンとブルートゥースでペアリングをしました。
こちらは満足でした。


新しいパソコンも買い換えないといつ潰れるかとヒヤヒヤしていますが、そこに音楽を入れたらCDを処分しようと思っています。
もうCDから直接音楽を聞くことは無くなっています。
ダウンロードの時代ですね。



因みに昨年最後に買った物はネスプレッソです。
1台持っているのですが、具合が悪くて最近は全く使っていませんでした。
デパートに行くとキャンペーンをやっていたのでつい買ってしまいました。
前のマシーンを登録をしていたので30%引きをしてもらい、デパートカードの割引10%でけっこうお安くなりました。
でもカプセルが高いですけどね。
でも福袋1万円でカプセル他いろいろサービスがあって、こちらもお得でした。

お札が飛んでいきます。


そろそろSHOCKのチケットが届くようですね。
楽しみです。


あけましておめでとうございます


テープ1.12.31b

遅くなりましたが、コンサートの続きをアップします。
アリーナAでも端っこだったので、テープは無理と思いましたが、新年ちょうどに降ってきたのとコンサートの盛り上がりの時に降ってきたのと両方ゲット出来ました。
しかし、私のサイドに近い横の二人は取れず、譲ってほしいと言われたのでお譲りしました。

カウコンは突然テレビの人になる二人を見ることが出来ます。
あと何分できますと言って待機していると大きなスクリーンにテレビ画面が映ります。
静かな客席もちょっと見守り体制になり、その時になるとキンキ二人が突然テレビ人間となり、歌いだします。
客席もあっと言う間に盛り上がります。
このあたりがファンも協力的。
終わるとお疲れさまとなり、またこちらに来ることを伝えられそれまで歌います。
MCは長くなるととんでもないところでテレビになるのでと言ってさっさと切り上げます。
12時前になるとテレビのカウントダウンと一緒になり、年が明けます。
そしてもう一回映って終わり。
カウコンならではの光景です。

歌は完璧と言いたいところではありますが、MCの流れでちょっとおかしくなり、剛くんがもう一回やっていいかと申し出、光一くんも我慢していたという感じだったので、やり直し。
みんな笑顔でした。

全体的にシンプルで、二人も全くステージ中央からほぼ移動することもなく、無駄にアピールすることもなく、他のグループとは全然違うコンサートだと思います。

今後もこのスタイルでしょうね。

光一くんも思ったより踊りました。
キンキコンには参加しない光一ファンがとっても多いのですが、これはもったいないと思います。
大人なダンサーさんと一緒に踊る光一くんは素敵です。

今年とっても忙しいと言うことを知って、多分ソロコンだと思っているのですが、それまでチケットを取る作戦をねらないと。
1回しか参加出来ないなんて残念ですから。

取りあえず、SHOCKですね。
もうチケットは取れているので、一般は参加しません。
お友達が2組4枚千穐楽が取れて、交換に苦慮しています。
交換の条件のあるし、ジャニアイで本人確認が行われているからです。
特に千穐楽は危ない。

今年もチケットが運よく当たりますようにと願うばかりです。

規制退場で遅くなり、電車待ちです。

ゲート1はやはりアリーナ率が高く、私もアリーナAでした。
ただ端だった為、斜めからステージを見る感じでした。

コンサートは上手く出来ていました。
曲のアレンジが良くて、おしゃれな曲に変わっていたり。
二人の特徴を上手くステージで生かしてました。
バンドやダンサーの皆さんもたくさん映してました。
とってもカッコ良かったです。
もちろん光一くんのダンスも素敵でした。
汗が顔いっぱいに流れてました。

テレビの放送部分は完全にテレビの人になり、メリハリがはっきりしていて、面白かったです。

また後で更新します。

↑このページのトップヘ