2015年08月

イメージ 1

キャストが私にとって新しい人ばかりでした。
特にマダム・テナルディエはモリクミさんしか見たことがなかったので、りんこさんは新鮮でした。
迫力はやはりモリクミさんですね。
それぞれ歌の上手な方たちでしたが、エポニーヌは良かったですね。
どうもいつもエポニーヌがいいと思うのは、歌がいいのかも分かりませんが。
もちろんジャン・バルジャンは背が高くて、歌も良かったです。

レミゼはずっと歌で繋いでいくので、拍手しにくいところがありますね。
話の回転が良すぎる時があります。
余韻を楽しむことが出来ないことがあります。
でも私はレミゼが好きです。


イメージ 2

劇場の前にあるポスターです。
正面から撮ると写ってしまうので、斜め前から撮りました。
即日完売御礼を撮りたくて。
レミゼの観客も写真を撮っていましたよ。

エリザベートが来年9月に梅芸で公演するそうですね。
SHOCKはどうなるのでしょうか。
もちろんエリザベートも見に行きますけどね。
楽しみです。


出演者が海老蔵さんと獅童さんなので、見に行ってきました。
もう一人頑張っていたのが、加藤清史郎くん。
芝居の進行をしていました。

最初は主演の二人が着替えもせずに、普段着で登場。
舞台上には二人の楽屋があり、それぞれ化粧をしだします。
ベラベラとおしゃべりしながら、ケータイで写メを撮ってブログびアップしたりしながら、顔を作ります。
その後着替えをして、やっと始まります。

そこからが歌舞伎です。
でも元禄とはいえ、宇宙船がやってきます。
中から悪の親玉獅童扮する衛利庵(エイリアン)。
町は大騒ぎで海老蔵と対決・・・と言う話です。

歌舞伎の様式を使った現代劇と言ったところでしょうか。
面白かったけど、たっぷりと歌舞伎を見たいですね。


2013年に続いて、2度目の観劇です。
たくさんお安いチケットが出ていたし、京都へ行きたかったので決めました。
今回当日券もありました。
京都劇場は劇団四季の時以来です。
京都駅横にあり、とても便利です。
ただし、京都駅付近でレストランへ行きたいと思っても、満員です。
予約が必要です。

残念ながら、電話で予約しても、満員で断られました。
京野菜を食べたかったのですが、仕方なくお弁当をロビーでいただきました。

本日は京都公演の初日で、岸谷五朗さんも観劇されてました。
屋良くんはイキイキとした演技で良かったです。
もちろん中川アッキーは歌が良かった。
2幕のソロは特に良かったですが、少ないですね。
もっと聞かせて欲しいという物足りなさがありました。

でも何度も繰り返し見ている人が多く、最後はオールスタンデイングでしたね。
アッキーの歌はCHESS THE MUSICALを楽しみに待ちます。
屋良くんの激しいダンスは次のSHOCKを待ちます。

ところでエリザベートの京本くんも頑張っているようですね。
いつか見たいと思います。

昨夜と言うより、本日午前さまで帰ってきました。

一番の心配が大阪着最終のみずほに乗れるかと言うことでした。
本日もお盆休みなので、1泊しても良かったのですが。
でも私だけではなく、福岡近辺以外から来ている人も同じ気持ちだったと思いました。
と言うのは、横アリとは違い、ダブルアンコが出来ない方が多くて、すぐに飛び出す人がたくさん。
1時間少しあるのですが、規制退場にかかったり、バスまたはタクシーに乗り遅れるとたいへん。
係り員に相談すると、早めに出てくださいと言われましたから。
でも心配しなくても、博多駅行き臨時バスが何台も待っていました。
バス乗り場は出口のすぐそばにあります。
だから博多駅でお弁当やお土産を買ってもホームでかなり時間待ちしました。
同じ車両にトートバッグを持っている人、グッズを持っている人、以前のグッズの扇子で扇いでいる人など仲間がたくさん。

マリンメッセはアリーナ席もスタンド下段も同じ1階の入口から入ります。
1万人以上のキャパなのに、とても見やすい会場でした。
スタンド席が低いので、上から降りてくる十字の通路が低めでした。
グッズ売り場も会場入り口の横で階段を上がったりすることはなし。

博多に着いてお昼をいただき、そのデパートで開催されていたネコの写真展に行ってきました。

イメージ 1

イメージ 2

バッグの中でくちゃくちゃになってしまいました。
グッズも買いたかったのですが、荷物が多くなるので断念。
荷物と言えば、レインコートや替えの靴も持って行きました。
傘は雨天兼用のを用意しましたが、雨に降られたり、陽が射したりで重宝しました。
日陰は涼しかったです。

ところで懐中時計。
前日の情報では売り切れなかったそうなので、私は見学を優先しました。
手に入らなかったら、それはそれでいいかなと思っていたので。

イメージ 3

大濠公園です。
広い公演なんですが、周りの半分くらいにビルが見えます。
写真はビルが入らないように撮ったもの。

その後会場に行くとグッズ売り場に列はなく、売り切れたものもなかったようです。

イメージ 4

大阪や横浜で長時間並んだ方、たいへんでしたね。
福岡ではたくさん用意したようでしたが、やっぱり買えなかった人があったようです。
最初100個くらいでいいのではと言っていたらしいですよ。

新しいことでは、陰陽師の写真を2枚見せてくれました。
ひとつは、5時間待ちでひまなので藤原の里で撮ったともの。
扮装をしたまま微妙な身長のウルトラマンと写っていました。
もうひとつは通行禁止の表示のある橋(石橋かな)で、その標識と一緒にやはり扮装のまま撮ったもの。
もちろん許可を得て。

前日に今日感テレビできみまろ王子と言われたことも知っていて、今回は毒舌もおとなしめでした。

やっぱり公演のことも書かないと。
ダンスは凄い。
何度見ても。
早くDVDを見たいと思います。

なんだかたいへん細かく書いてしまいました。
自分自身の記録でもあるので。

陰陽師の通行禁止の橋は木の橋でした。
ツイッターにアップされている写真で確認。

イメージ 1


大阪を早く出て、天神や大濠公園へ行ったあと、マリンメッセ福岡に来ました。
今も雨が降りましたが、陽がたまには射したり、変な天気です。

昨日のニュース通り、グッズはスムーズに買えて並ぶこともありません。
懐中時計は無事ゲット。

来年はソロコンをしないと言うことなので、きっちり目に焼き付けます。

↑このページのトップヘ