2015年06月

本日の服装がさわやかで良かったですね。
Vネックのインナーに薄手の紺のカーデーガン。
最後の最後に出演。
すぐに「りんご姉さんは?」と。
曜日が違うと言われましたが、そんなことは知っていてわざと質問したような感じでした。

出演者の内、アナウンサーや円広志さんや羽野晶紀さんは観劇したことがあるのですね。
感想を言っていました。
飛んでいる姿が美しいとか。

あとどれだけの番組を録って行ったでしょうね。

連日光一くんの生放送を見ることが出来る関西です。

本日はゆうがたLIVEワンダーでした。
録画したものを今見ました。
最初から最後までずっと写っていましたね。
始まって30秒くらいから出演。
最初はローカルニュースで意見を求められたりしていました。
たま駅長とか青青信号問題(両方青になって衝突事故があった)とかレスキュー隊のお仕事とかインタビューに答えていました。
昔取った、川でおぼれている人を助ける資格の話もしていました。

1時間過ぎたところでやっとSHOCKの話になりました。
一般発売は8月2日(日)だそうです。
これは電話が繋がりませんね。
きっとその前に先行予約があると思います。
SHOCKが今年で15年目だということ、21歳から始めたということ、大阪のお客さんの反応は東京と変わらない。
リップサービスでは大阪の方が~~と言う方がいいでしょうが、ごめんなさい、変わりませんとのこと。
コンサートはお客さまの反応が地方によって違うことがあると言っていました。

私は今日関テレの近くで会議に出ていました。
行くときは覚えていたのですが、帰りにはすっかり忘れていました。
局前で写真を撮ろうと思っていたのに。
ポスターは貼ってあったのかそれも見ていません。

明日はやはり関テレで朝の番組「よ~いどん」でエンディングゲストのようですね。
金曜日なのでりんご姉さんはいません。
でも楽しみですね。

そして昨日。
期待外れでした。
録画をどうしましょう。

今回の来阪で他の番組も録っているのでしょうね。
ピーチケとか。
これを楽しみにしたいです。

先週は告別式や研修会などがあって、ほとんどテレビを見ていません。
Mステは9時過ぎに帰宅して、ドキドキしながら見ました。

最初このコラボの話を知った時ケントさんはMJのプロだし、どうなるか心配しました。
光一くんのダンスの良さは他にもありますからね。
感情豊かに踊る時とかね。
早いだけではない、キレキレだけではない、独自のダンスがあります。
でもそれにしては上出来でしたね。
笑顔も良かった。

ケントモリさんも良かったし、バックの元宝塚の方もすごかったです。
ドレス以外の方は男性かと思いましたからね。

そしてINTERACTIONALさすがですね。

早くLIVEで見たいですね。


またMFでも、MJでも見られるので楽しみです。

イメージ 1

写真がまずいですね。
無料のパンフレットです。
中身はぎっしりでお得感満載。

フィガロの結婚は何度も見てますが、演出が野田秀樹さんなので楽しみにしていました。

イメージ 2

これは舞台上を劇場の外に映している、映像です。
下にはオケボックスがあります。
いつもより大きく取ってあり、1列目の座席が潰されていました。
舞台上には右に桜、真ん中に梅、左に竹のボックスがありここから人物の出入りがありました。
部屋の入口にもなります。

場所は長崎。
懲りない男と女の話です。

出演者で日本人は日本語で、外国人はイタリア語なんです。
歌はイタリア語が多かったような気がします。
「もう飛ぶまいぞ、この蝶々」とか「恋とはどんなものかしら」などは原語だったと思います。
日本語の歌もありましたが、ついつい上のスクリーンに出される字幕を見てしまいました。
そう、字幕は舞台の上なんです。
首を左右に振らなくてもいいのです。

服装は日本人は和服風で頭も和風。
名前もスザンナがスザ女、フィガロがフィガ郎、マルチェリーナがマルチェ里奈、バルトロがバルト郎、バジリオが走り男、クルツィオが狂っちゃ男、アントニオがアントニ男、バルバリーナがバルバ里奈と変わっています。
外国人はそのままです。

ストーリーは知っていても、原語だとはっきりと分かりません。
ストーリーテラーの庭師が説明してくれるし、普通の会話は日本語だしで、良く分かります。
目からうろこのところもありました。
ちょっとごちゃごちゃ感も正直ありました。
でも本当に楽しかったです。

出演者の中で、一番良かったのはスザンナの小林沙羅さん。
演技の中々でした。
声もとても良かったです。

そう言えば「ランスへの旅」の老田裕子さんのソプラノも良かったです。
日本人もたいしたものだと思いました。


このシリーズは全国10ヶ所で公演されます。
兵庫芸文は満席で、1階後に補助席が置かれてました。
大阪フェスと兵庫は2回公演です。凄いですね。

ところで前半は5、6月。
後半が10、11月です。
地域や会場より、チケット代が全然違います。
フェスが18,000円、神戸が12,000円、九州は8,000円です。
オーケストラが変わりますけどね。
お勧めです。


次回はワルシャワ歌劇場のフィガロが見たいかな。ハンガリーはもう遅いから。

イメージ 1


昨日は愛犬のお誕生日でした。
4才になりました。
人間の年で言うと、30才くらいです。
アラサー
早いですね。

写真はケーキです。


ところで私も6月生まれ。
蟹座なので、もう少し後です。
もう全然嬉しくないですね。


明日はオペラ。
フィガロの結婚、野田秀樹演出。
楽しみです。

↑このページのトップヘ