2007年03月

今は少年隊の会員ではないので特別受付の葉書がきました。
昨年は大阪公演がなかったので断念しましたが、今回は梅田芸術劇場なのでうれしいです。
青山は1200人、フェスティバルホールは2900人位で同じ料金でした。
2階の後ろや端っこなんて最悪でした。
今回は1900人位で帝劇と同じ位のたいへん観やすい劇場です。
ただし問題はチケット代です。
ウエストサイドストーリーで大幅な値上げがあったのですが、それは仕方がないと思っていました。
そして次年度から元に戻ると思っていたのにそのままなんですね。
15000円は高過ぎます。
まあ大阪は3種類の料金になったのはたいへん評価できるところですけど。

もうひとつ言いたいのは大阪公演の時はもう舞台ではなくコンサート状態になっている部分があります。
歌とダンスが始まると手拍子をして盛り上がるのです。
アンコールではなく、芝居の途中です。
私が観た日だけかもわかりませんが、初見なのにとがっかりします。
少年隊のファンの方はコンサートがないので、そういう意味でも楽しみにしておられるのでしょうね。
だから一般の我々とは違うのかもわかりませんが、舞台のことや芝居の意味を考えていただけるとうれしいです。
ショータイムだけにして欲しいと思います。
ちょっと偉そうで申し訳ありません。
こういう意見もあると思ってください。

とにかく早速申し込みます。

3月の中旬にゆとりが出てきたと思ったら風邪を引いてしまいました。
それほどひどくなかったので映画を見たり、ショッピングにも行ってましたが、なかなかすっきりしません。
気合を入れて治さないといけませんね。

その間もやらなければいけないこともありましたが、お楽しみの中心はテレビ。
光一くんもドラマの撮影のようですが、他のジャニーズの面々もそれぞれ活躍していますね。
関西では関ジャニのワイドショー番組にゲスト出演がありました。
すっかり司会者やコメンテーターと仲良しになって焼肉をご馳走になったりしているようです。
このあたりはキンキにはないことで本当にうらやましい限りです。
少し紹介していましたが、ビールなどを飲んでいるんです。
若いと思っていた彼らがどうどうとお肉を食べながらジョッキで飲んでいるのです。
いろいろ問題があったし、敏感になっている部分ですから本当に珍しいと思いました。
初めはプライベートのことだったのに番組にするようです。(4月)
でも全員ではなく4人でした。

さてもうすぐ4月です。
お花見が楽しみです。
先日ラジオで芦屋川の話をしていましたが、とってもなつかしい所です。
この3月18日にJRの新しい駅が出来ました。
芦屋駅の隣の夙川で駅名はさくら夙川です。
このあたりもとっても桜がきれいです。
来週あたり、行ってみようかしら。

シングルCDのリリースが決まったようですね。
4月25日で十六茶のCMソングだそうです。
タイアップで一番強力なのがドラマか映画の主題歌。
次がCMですが、今回は久しぶりのタイアップ、どうでしょうね。
一部しか聞いてないので判断出来ませんが、いつもと同じではないでしょうか。
SMAPなんかはCMでも化粧品だったので初動は少なくても長く売れていました。
この頃キンキは本当にファンだけになってしまっています。
ヒットとは言いにくい売れ方です。
とにかく期待しましょう。

さて光一くんは舞台が終わり、いよいよドラマの撮影のようですが、内容と共に主題歌を期待しています。
10周年イベントの前にソロでリリースして欲しいものです。
前回もジャニーズのリリースラッシュでアニメの終わりごろになってしまい、タイアップ効果を出せずに終わってしまいました。
何だかキンキはタイミングが悪すぎるように思います。

そこで思うのが会報の件です。
コンサートスタッフとスケジュールなど管理するマネージャーとは違うとは思いますが、どうなっているのでしょうね。
他のグループとの調整もあるでしょうが、年末のコンサートの日程も大阪は平日だったし、シングルもアルバムもぎりぎりのところで出していました。
もう少し考えていただきたいと思います。

しかし、剛くんに言いたいのですが、夢を売る商売なんだから、裏側の良くない部分は伏せて欲しい。
ファンは心配します。
事務所で解決してファンにいいものを提供していただきたい。
そしてすばらしい10周年を迎えて欲しいと思います。

今朝、めざましの6時過ぎの芸能ニュースで公演20周年の記念のコンサートを紹介していました。
もし、関東住まいで日曜なら私も行っていたでしょう。
レミゼラブルはいろいろなミュージカルの中で歌は最高です。
感情豊かに歌い上げる曲が多く、難度は高いですが、すばらしいです。
私のデジタルオーディオにも入れてあります。
最後に客席と一緒に歌ったなんて、うらやましい限りです。
又、企画して欲しいです。

今年は帝劇と博多だとか。
大阪はいつでしょう。
次回もキャスト違いで数回観たいです。

やっと今日見ることが出来ました。
内容はよくある話ですが、やはり歌が良いのでいい作品になったと思います。
ビヨンセもいいですが、ジェニファーハドソンが歌うとその違いにびっくりします。
美人のビヨンセをリードボーカルにすると言った時、ジェニファーは私の方がうまいと言ってアピールしますが、同じグループにいてそう言うのはすごいですね。
実際その歌唱力はすごくて、変な小細工無しの歌い方で聞かせます。

日本人でアメリカ進出する時、セックスアピールのしないと売れないと言われていました。
歌が少し上手いくらいでは売れないと。
又は日本人ということを売りにすれば少しは売れるかもというところでしょうか。
あんなに上手いそして若い歌手がごろごろいるんでしょうね。
私はシュープリームスをなつかしく思い出しました。
今は短いスカートで激しいダンスが多いですが、昔はあんな感じでした。

歌が良かったのでCDをチェックしたいと思います。

又映画のチケットの前売りを買ってしまいました。
ホリデイです。
楽しみです。

↑このページのトップヘ