出演者は皆さんとても良かったです。
その曲の中で感動したのは、「ナースコール」から「コール」です。
薬師丸さんにぴったりでした。
平原綾香さんの「コーリングユー」も良かった。
濱田めぐみさんのレミゼも俳優だから感情がこもった歌でした。

一人一人書きませんが、井上芳雄さん、石丸幹二さんは歌唱力があるし、佐藤隆紀さんはチェスで歌に感動した人だし、出演者が良かったです。
一番驚いたのが、サラ・オレインさん。
ミュージックフェアで森山良子さんや平原綾香さんたちとグループを作って歌っておられたのは見ていました。
歌の上手い人だなとは思っていましたが、今回バイオリンの演奏を聴いて、これは普通ではないと思いました。
なんとバイオリストだったのですね。
それに頭が良くて、いろいろと才能にあふれた方だと知りました。

それを妹に伝えると、3月に見る予定だったジョシュグローバンのコンサートにも出演予定だったそうで、残念がっていました。

今回再放送のことをアップしたら、アクセスがかなりあって、感想も書いておくことにしました。
ブログは自分のためのエンタメ日記なんです。

前回、WOWOWで放送された帝劇のミュージカルソングについて記事にしましたが、実は同日NHKBSでも「映画音楽は素晴らしい」と言う番組をしていました。
全く気付かず残念に思っていたら、再放送があることが分かりました。

10月18日(日)午後1時半から3時半

セットリスト 01.『ラ・ラ・ランド』から「ANOTHER DAY OF SUN」/井上芳雄 02.『ジュラシック・パーク』から「WELCOME TO JURASSIC PARK」/インストゥルメンタル 03.『天使にラブ・ソングを2』から「JOYFUL, JOYFUL」/平原綾香 04.『プリティ・ウーマン』から「プリティ・ウーマン」/LE VELVETS 05.『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』から「彼こそが海賊」/インストゥルメンタル 06.『アラジン』から「ホール・ニュー・ワールド」/サラ・オレイン・城田優 07.『トイ・ストーリー』から「君はともだち」/小池徹平 08.『美女と野獣』から「美女と野獣」/昆夏美・佐藤隆紀(LE VELVETS) 09.『モダン・タイムス』から「スマイル」/石丸幹二 10.『カサブランカ』から「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」/濱田めぐみ 11.『雨に唄えば』から「雨に唄えば」/森崎ウィン 12.『慕情』から「慕情」/LE VELVETS 13.『バック・トゥ・ザ・フューチャー』から「バック・トゥ・ザ・フューチャー」/インストゥルメンタル 14.『ラ・ブーム』から「愛のファンタジー」/小池徹平 15.『フラッシュダンス』から「フラッシュダンス~ホワット・ア・フィーリング」/昆夏美  16.『フットルース』から「フットルース」/森崎ウィン 17.『セーラー服と機関銃』から「セーラー服と機関銃」/薬師丸ひろ子 18.『Wの悲劇』から「Woman “Wの悲劇”より」/薬師丸ひろ子 19.『ナースコール』から「コール」/薬師丸ひろ子 20.『ボディガード』から「オールウェイズ・ラブ・ユー」/島津亜矢 21.『ゴースト/ニューヨークの幻』から「アンチェインド・メロディ」/井上芳雄 22.『ニュー・シネマ・パラダイス』から「ニュー・シネマ・パラダイス」~「トトとアルフレード」/サラ・オレイン(Vl演奏) 23.『ひまわり』から「ひまわり」/石丸幹二 24.『バグダッド・カフェ』から「コーリング・ユー」/平原綾香 25.『ノッティングヒルの恋人』から「She」/城田優 26.『レ・ミゼラブル』から「I DREAMED A DREAM」/濱田めぐみ 27.『グレイテスト・ショーマン』から「THIS IS ME」/島津亜矢

   コピーさせていただきました。

島津亜矢さん、とてもお上手な方でびっくりしました。
薬師丸さんはまだまだお変りもなく、頑張っていらっしゃいます。
また、
佐藤隆紀さんも素晴らしい歌声も楽しみです。


無事に千穐楽を終えることだ出来、おめでとうございます。

途中で休止のなるかもと思い、観劇日を早めにしました。
先日もミュージカル座も60数名の方が感染され、中止の発表がありました。
スピンオフでもけっこう激しい動きがあるので、とても心配していました。
1ヶ月何事もなく終えられたのは、出演者やスタッフの努力によることが大きいと思いますが、ラッキーでもあったのかなと思います。

早速来年のことも話されたようですが、東京はまだまだ感染者が多く心配ですね。
でもとても楽しみです。


ところで東宝からナイツテイルシンフォニックコンサートの映像がアップされました。
ACT1と2があり、とても良くできてます。
何度も見てしまいます。

そしてWOWOWで帝劇ミュージカルコンサートを見ました。
びっくりしたのは、当たり前かも分かりませんが、年を重ねるとやっぱり声が出にくくなるということ。
ボイトレしていてもたいへんですね。
芳雄くんと歌穂さんはナイツテイルとの掛持ちでしたね。
10日はプログラムAとCの一部でしたが、11月にはBとCの一部を放映するようです。
映像が残るのでうれしいです。

↑このページのトップヘ